ブログa

「春を愛でる食養生」のお知らせ

2019.03.17

「春を愛でる食養生」のお知らせ

 

先日、ご縁がありとても素敵な女性に会いました。

食養生コーディネーター・薬膳アドバイザーの村田美奈子先生です。

美奈子先生は歯科医院に勤務する一方、薬の正しい使用方法に関するセミナーを開催するほか、 薬に頼り過ぎない生活の提案として、食養生・薬膳の普及活動をしています。

年齢を重ねるごとに食べることの大切さを感じており、食養生や薬膳など興味がある分野でした。美奈子先生は噛むことの大切さと箸置きの重要性のお教室も開催されており、箸置きを販売している私も目から鱗でした!

そこでこの度、ヒメミズキでも美奈子先生のお話会をお願いする運びとなりました。

今回は春を感じながら美味しく、美しく食べ、こころとカラダが喜ぶ習慣を身につけられるそんな内容を教えてくださいます。

東洋医学をベースにした食養生を一緒に始めてみませんか。

 SONY DSC

 

 

春を愛でる食養生

 

日時 4/10(水) 15:00−16:30

講師 村田美奈子先生

薬剤師/歯科助手・食養生コーディネーター・薬膳アドバイザー

会場 ヒメミズキ(新潟市中央区古町通2番町528)

参加費 1500円

(・春薫る茶・ひとくち玄米ごはん付き)

定員 6名様

お申し込み 025-201-9252

ozasa215@gmail.com

 

プロフィール写真2

佐々木翔子 個展

2019.03.06

先週の土曜日より

佐々木翔子さんの個展が始まっております。

 

52917970_1623961654413907_4508118804844249088_n

 

店内には春らしい色合いの器がたくさん並んでおります。

こちらは初日の写真なので すでに完売になってしまったものも多いのですが

まだまだ可愛らしい器がたくさんございます。

52744016_1623961484413924_6936292472741953536_n

シンプルだけれど、カッティングが美しい器。

52886990_1623961594413913_3858103159889068032_n

美味しそうな箸置き

52889965_1623359691140770_2678883965665804288_n

春、夏のお茶会で使ったら

きっと素敵な茶杓

52908610_1623359794474093_5729011108962893824_n 52913855_1623961511080588_1532177557909143552_n  53076457_1623359664474106_6526134490522189824_n 53139026_1623359601140779_3851704354402729984_n 53274650_1623359727807433_7296273829511299072_n 53292214_1623359621140777_5937460702359846912_n 53316659_1623359761140763_8079740374710484992_n 53491119_1623961551080584_5210919864155242496_n

3/10(日)まで開催です。

佐々木翔子 個展

3/2(土)-3/10(日)

11:00−18:00

 

フランス旅行記4

2019.03.06

フランス旅行記4

帰国の日です。

夜の便まで時間があるので

オルセー美術館へ行きました。

印象派の名画がたくさんあり見応えのある美術館でした。

IMG_5369

こちらで感動したのは、モネの睡蓮の前で

小学生の子どもたちが授業をしていたことです。

絵の説明を聞いたり、スケッチしたりしていました。

パリではきっと普通の光景なのかもしれません。

子どもの頃から身近なところに芸術があり音楽がある。

それが当たり前。

羨ましく思いながらその様子を眺めていました。

 

IMG_5378

お昼は美術館内のカフェに。

美術館のカフェは何も言わなくても英語のメニューを

持って来てくれるし、入りやすくて、美味しくて良いですね。

 

IMG_5399

飛行機は深夜の便なのですが

混んでいるときはパリ市内から空港まで3時間かかることもある

と書いてある情報を見て、(普通は1時間です)

心配になって早めに空港に向かいました。

 

IMG_5405

IMG_5411

 

余裕を持って到着。荷物も預けて

搭乗ゲートを確認して、これで完璧。

ちょっと時間があるので、お茶でもしてこようかな。

と思って席を外しました。

1時間くらい経って再度搭乗ゲートへ戻ると

なんだか様子がおかしい・・・。

羽田行きだったはずの搭乗ゲートに香港と書いてあるではないですか!

慌てて近くの空港のお姉さんに聞いてみましたが、

「このチケットを見るとあなたの登場ゲートはそこであっているわよ。」

と言われ、

全体のフライトが書いてあるボードのところへ戻っても、

羽田の文字は見つからず。。。

ものすごく焦って、他の方に再度聞いてみたら

乗り場が大幅に変わっていました。

モノレールでまた別の乗り場へ移動して。。。

再度 保安検査をやり直すという。

最後の最後ですごくバタバタしましたが、

なんとか無事に楽しく帰ってくることができました。

一人旅だと、全てが自分次第で心配なこともありますが

勉強になることが多くて 良い経験でした。

海外で、見て学んだことを

何かの形でお店にいかしていけると良いなと思っています。

フランス旅行記 その3

2019.02.21

すっかり日常に戻ってしまいましたが

フランス旅行記 その3

3日目はパリで一番大きな蚤の市

クリニャンクールへ行きました。

クリニャンクールはパリの中でもあまり治安のよくない地域。

初めて行くのに一人ではちょっと心配。。

(電車でスリにバックごと引きずり降ろされたという話も聞いたり…)

ということで、友人に紹介してもらった日本人の女性に付き添いをお願いしました。

現在は、パリ在住ですが、

新潟市に住んでいたこともある女性なので、初めてお会いしたのに

初対面ではないようなそんな感覚で、すぐに仲良くなりました。

本当に優しくて、素敵な方で!

今 思い出しても出会いに感謝です。

フランス語が話せる彼女がいるので、色々安心。

いつの時代のお皿なのかとか、価格のこととか

色々お願いして聞いてもらいました。

そんなこんなで良い仕入れができました。

明日の晩に一緒にご飯を食べる約束をして別れた後は、

ただひたすらにパリの街を歩き続けました。

IMG_5150

IMG_5158

IMG_5178

IMG_5180 IMG_5420

美しかった。

どこを見ても。

見ていて飽きない風景でした。

 

3日が経ち、少しずつ緊張がほぐれて来たので

勇気を出してホテルの近くのレストランへ入って夕ご飯を食べました。

(それまではお惣菜屋さんやスーパーで買ったものをホテルで食べて過ごしていました)

内装がフランスっぽい可愛いお店だなと思って入ったら、

まさかの中東料理屋さんだったという。

メイン料理がケバブ!笑

私が唯一 行ったことのある海外

イランで散々ケバブは食べたのに

まさかここでも!と自分でツッコミを入れながらも美味しく頂きました。

 

IMG_5197

パリへ行く前に

たくさんの方にスリに気をつけて!と言われて

防犯対策をものすごく念入りにして臨んだのに

お店に携帯を忘れてしまうという大失態。

お店の方が走って追いかけて来てくれたので助かりましたが

普通でしたら、盗まれていましたよね。

本当に、、、。

どこか詰めが甘いからみんなに心配されるのね。と反省しました。

 

そして4日目。

旅の終わりも近づいて来ました。

まずはモンマルトルの丘へ。

IMG_5315

昔の街並みが残る場所。

パリの景色を一望できます。

モンマルトルはまさに想像していたパリの雰囲気。

街中とは違うゆったりとした空気が流れています。

IMG_5318

 

IMG_5216

 

IMG_5212

IMG_5215

 映画 アメリの舞台になったカフェも。

IMG_5225

IMG_5221

イメージしていたパリの雰囲気を堪能した後は

近代的な建築も。

世界的に有名な建築家「フランク・O・ゲーリー」の設計

ルイヴィトン財団美術館へも行きました。

ガラスの船。

無機質で硬いガラスを使って、しなやかで曲線的な建物を作るなんて。

 

 

 

IMG_5345

IMG_5343

IMG_5342

IMG_5346

IMG_5348

 前日にも行ったけれど、閉館時間がギリギリで諦めた

サントシャペル教会へも行きました。

IMG_5421

こうしてあっという間に

4日間が過ぎ

残すは帰国の最終日となりました。

 

ーその4へ続くー

 

フランス旅行記 その2

2019.02.17

2日目は路面電車に乗って朝からヴァンヴ蚤の市に。

素敵な器やカトラリーを探し求めて必死になっていたので

写真は一枚も撮りませんでした。

(一枚くらい撮っておけばよかったなぁと後悔…)

パリでは大きい蚤の市が3箇所あるようです。

そのうちのヴァンヴは青空市のような感じで

ちょっとアットホームで

まさに想像していた雰囲気の蚤の市でした。

SONY DSC

到着してすぐに

この手前のディワゴン サルグミンヌ窯のお花や蝶が描かれている

プレートを見つけて心の中で

「きゃー素敵」と叫びました。

フランス語はいくらですか?もう少し安くなりますか?これにします。

くらいしか覚えていかなかったので、

あとは英語の単語とジェスチャー(電卓やノート)でやり取りしました。

19世紀のプレートだそうです。

こんな日本人なのにマダムはとても親切に対応してくれてありがたかったです。

たまたま最初に立ち寄ったお店ですぐに

このプレートに出会いましたが、他のところでは1枚も見かけませんでした。

偶然良い出会いができてよかったです。

(こちらのプレートは全て完売となりました)

 

お皿だけでなく、調理器具や絵やお洋服やレースやボタンや色々あって楽しいです。

見終わった後はパリのギャラリーさん

1月と7月さんと合流して

昔ながらの家庭料理を出しているレストランでランチを食べました。

地元の方が多いお店で、美味しくて素敵なお店でした。

IMG_5133

1月と7月さんは

ヒメミズキでもお世話になっている陶芸家の二階堂明弘さんの

器を扱っているギャラリーさんです。

IMG_51352

日本の作家の器やアンティークの作品を扱うギャラリーです。

二階堂さんの器も置いてあるお店で全然違って見えます。

展示の仕方やセレクトしているものが美しくて

大変勉強になりました。

 

この日の最後はサン・ジェルマン・デ・プレ教会へ。

パリ最古の教会とのこと。

たくさんある教会の中ではこじんまりしている方のようで

観光客よりも地元の方の方が多くて、静寂な雰囲気が心地よい教会。

IMG_5134

 

IMG_51143

近々、この教会でコンサートが開かれるようでオーケストラの方々練習されていました。

天井の高い教会に美しい音色が響き渡ってそれはそれは素晴らしい時間でした。

お祈りする人、練習風景を見学する人。

ゆったりと自由に想いおもいに過ごす方々を見て

なんて豊かなのだろうと、感動して涙が出てきました。

圧倒的な差というか、なんというか文化の違いを痛感しました。

 

ーその3に続くー